読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Crossing Shibuya, Scramble Nakameguro

渋谷周辺から中目黒辺りのイベントやお店、街の様子で感じたことなど

渋谷ハロウィンにみる、今を写した祭りの形

f:id:hachiko-shibuya:20161113165832j:plain

 

2016年のハロウィンも終わり、早くも2週間が過ぎようとしています。時間もなくて、ここまでの数回の記事に分けて少しずつ渋谷ハロウィンの様子をご紹介してきましたが、今回もハロウィンの渋谷の様子です。

 

トップの写真は、渋谷駅から109ビルの横を抜けた道玄坂の様子。ハロウィンの日は、車両通行止めの歩行者天国となり、ご覧のように人に溢れかえっていましたし、いかにもハロウィンという凝った仮装をしている人達もかなりの割合でいました。

 

そして、そんな仮装している人に対して「一緒に写真を撮っていいですか」と声を掛けて、仮装をしている人同士も、そうでない人とも、海外からの観光客も日本人も混ざり合って、そこかしこで写真を撮り合うコミュニケーションが生まれていました。

仮装をしている人も、手の込んだ仮装をしている人ほど、そういうお願いを待ってましたとばかりに快く受けていて、撮られることや、そういうコミュニケーションが生まれることに満足そうな様子が印象的。

 

f:id:hachiko-shibuya:20161113171802j:plain

 

渋谷センター街の方に移動すると、こちらも人で埋め尽くされています。道玄坂よりも道幅は狭く窮屈で、一度中に入ると人の流れに流されるがままになってしまうような状態ですが、どこか目的地らし目的地があるわけでなく、道すがら互いの仮装の様子を見て楽しんだり、写真を撮りあったりというのを目的にしている人が多そうです。

 

f:id:hachiko-shibuya:20161113172256j:plain

 

こちらの仮装は、渋谷センター街のクラブのようなお店の看板を持っている様子。普段は他人に話し掛けることない街中でもクラブの中のように自由に話し掛けられるようになったハロウィンの渋谷にあって、唯一目に付いた仕事として仮装をしている人が、このクラブの人だけ、他は何ら給料をもらっているわけでもなく自由に仮装を楽しんでいるというのが、ハロウィンというのが日常から何かが反転してしまった祭りなんだと感じさせてくれます。

 

 

f:id:hachiko-shibuya:20161113173432j:plain

 

この写真は少し分かりにくくてすみませんが、人の輪の中心にいるのが、亀を背負った人(これも広い意味で仮装なんでしょうね。)とベリーダンスの衣装を着た人が、即興で浦島太郎的な?小芝居みたいなことをやっているところです。おそらく、この亀さんとダンサーさんは全くの他人で、その場のノリでやっているだけなんでしょうけれど、それが面白くてここまで注目を集めていました。こうして何ら組織化されていない人がコンテンツの中心となるというのが、渋谷のハロウィンが新しく生まれた祭りらしいところなのかも知れません。(ちなみに、亀さんの腕がもげるアクシデントがあり、そそくさと立ち去ってしまいました。)

 

上にも書いたように特に目的地らしいものがないというのも、主催者に作り上げられたイベントではイルミネーションやオブジェなどがあり、昔から伝わってきた祭りでは神社や神輿など何かをまつる中心となるようなものがあるのと違っていて面白いところです。

そういう昔からの祭りに参加するとなると、祭りの中心となるものを仕事として管理したり作りあげる人となるか、もしくは綱の引き手など組織化された中で決められた役割に入ることしかできなさそうですが、渋谷のハロウィンでは、そういう組織らしき組織はなくても楽しめる、気軽に自分の好きなように仮装すれば祭りに参加できるという自由さが、ここまで渋谷でハロウィンが盛り上がっている理由なのではと思えます。

 

f:id:hachiko-shibuya:20161113175830j:plain

 

このハロウィンの日の渋谷にあって、一番組織化された存在は警察なんでしょうけれど、交通整理か、ただただ遠くから見守るだけで、完全に組織は脇役です。

 

大金を掛けて作られたコンテンツを楽しむよりも、参加者が互いをコンテンツであるかのようにLINEやFacebookなどSNSで楽しむことの方が多い今の世の中と、渋谷ハロウィンのような祭りの形は良くあっているということなのかもしれません。

 

 

 

 

 

ハチ公像に人もゾンビも猫まで集まるHalloween 2016話題の人が総結集!

ハロウィンのハチ公像前、全天球イメージ

Hachiko-Halloween360

 

ハロウィーンから、まとまった時間がとれずに少し時間が経ってしまいましたが、ハロウィンでのハチ公像の周りの様子も写真に撮っていたので、その賑やかな様子をご紹介します。

 

トップの写真は、女性警官(仮装。ゾンビのようなお化粧もしてます。)がハチ公像の脇に座って大勢に写真を撮られている時の全天球イメージ。辺り一面が人だらけで、普段は観光客以外からの注目はそれほどでもないハチ公像も写真スポットとして一段と高い人気でした。

 

ハロウィンでは、ハチ公像もいつもと違う

 

ハチ公像をよく見ると、何か付けているのがわかると思います。暗くて見にくいので、もう少し明るい時間に撮った写真はこちら。

 

Hachiko-Halloween2016

 

ハロウィンなので、後ろにいる人に目を奪われてしまいますが、ハチ公像がオレンジ色のタスキをかけてもらっているのがわかります。

(ちなみに、裏返しになったAREAという文字が書かれた半透明の壁が見えますが、これは渋谷駅前の喫煙所の壁です。)

 

Hachiko-Halloween-sideview

 

どういう経緯なのか分かりませんが、子供虐待防止を訴えるオレンジリボン運動のタスキみたいです。オレンジなのでハロウィンらしいだろうということなんでしょうね。

それはそうと、いつの間にかハチ公像の頭の上にカボチャみたいな物がのせられていました。普段と違う様子に、写真を撮る人が次から次へと現れてます。

 

そして、この日はなぜかハチ公像の足元で、さらに人を惹きつけることが起こっていました。

 

Hachiko-cat-Halloween

 

見ての通りそれは、猫です。

ハチ公像の足元というか懐に入り込むようにして、ちょこんと可愛い猫が座っていました。この猫はフリフリのついた服を着せてもらって、しかも王冠まで被った状態で、どんなに人がやってきても微動だにせず、この場所でじっと大人しく座り込んでいました。写真を撮りたい人のためにいるかのようなモデル猫に驚きです。

 

2016年らしい人たちの姿も見れるハチ公前

 

"Hachiko-Halloween-mario

 

そんな猫に引き寄せられてか、今年のリオオリンピックで話題になったマリオ&ルイージも記念撮影をしてました。

 

Hachiko-Halloween-pikotaro

 

PPAPで話題のピコ太郎さん風の人もハチ公前で待ち合わせでもしていたようです。

 

こんな感じで、2016年話題の人が大集合するハチ公前のハロウィーンでした。ハロウィンが大統領選の後だったら、トランプ次期大統領もいたんでしょうけどね。

 

Shibuya Crossing (渋谷スクランブル交差点)Halloween 2016 Movie 渋谷駅連絡通路から

 

 

前回の記事では、ハロウィンの渋谷スクランブル交差点の中で撮った全天球イメージを掲載しました。

shibuyacrossing.hatenablog.jp

 

渋谷スクランブル交差点  ハロウィンの人混み

交差点の中からだと、全体の様子が少しわかりにくいですが、一歩離れたところから見てみると、人の多さがまたよく分かります。

 

交差点前のスターバックスからも直ぐ上から交差点を見下ろせて良く見えますが、スタバに行こうと思えば、この混雑した交差点を渡っていかなければいけません。そして、交差点が混んでいる時であれば、スタバも混雑しています。世界的なチェーン店だけに観光客にも安心して立ち寄れるスポットになっているようです。

 

そういう混雑に巻き込まれずに、遠くからでも渋谷スクランブル交差点の様子を見れたのは、JR渋谷駅と京王井の頭線とを結ぶ連絡通路です。

連絡通路はスクランブル交差点から伸びる道路をまたぐ橋で、側面はガラス張りになっているので、交差点の様子が見れます。そこから撮影した動画がこちらです。

 

Shibuya crossing, waves of people. Halloween. #shibuya #shibuyacrossing #holloween #crowd #jam #movie #busy #people

 

 

交差点が人で埋め尽くされていて、こうしてみると、「あの混雑の中には入りたくない」「人がすれ違えるのが不思議なくらいだ」という気にもなります、歩いてみると案外平気なんですが。

 

少し拡大してみると、ハロウィンなので仮装している人がチラホラいるのが分かります。いつも以上の人の多さに、連絡通路のガラス越しに交差点を眺める人も集まって、通路にも人集りができていました。

shibuyacrossingcrowed-halloween

 

交差点に人が溢れないように監視している警察官が、青になると誘導を始めています。

shibuyacrossingcrowed-halloween-police

 

仮装のネタとしてウォーリーはかなり人気があるらしく、これぐらいの距離から撮った写真を見ると、まさに「ウォーリーをさがせ!」の絵本を見ているかのような状態。この写真の中にも何人かそれらしい人がいます。shibuyacrossing-halloween-peoplewaves

 

To be continued

 

Shibuya Crossing (渋谷スクランブル交差点)Halloween 2016

 

渋谷スクランブル交差点 ハロウィンの全天球イメージ

shibuya-crossing360-Halloween

ハロウィンを楽しもうと東京都内や首都圏から渋谷にやってきた人で溢れかえる交差点を前にして、スターバックスがあるビルの脇に、かの「DJ.Police」が陣取っての交通整理をしています。

 

交差点の中にまで列をなして警察官が並んでいるので、普段より事故も起こりにくくて治安も良いんじゃなかいと思えるくらいの状況。

 

こういう写真にしてみると普段見慣れたビルの大画面ディスプレイのライトも、怪しげな近未来都市のような風情があります。特にピンクの画面に渋谷の「渋」の文字が大きく映し出されているのはなんとも怪しげです。

(ちなみに、この画面にはずっとこの映像が流れていたのではないので、映し出される映像によって雰囲気はいくらか変わります。)

  

渋谷駅から交差点を渡り、このビルの左に入った渋谷センター街に人の群れは押し寄せて溢れんばかり。警察からもSHIBUYA 109ビルの方に向かうように誘導がされていました、まぁあまり気にせずセンター街への向かったり写真を撮り合っている人も多そうでしたが。

そして、こちらがハロウィン渋谷駅前の様子。

shibya-station-front-Halloween全天球イメージだと少し位置がわかりにくいですが、この写真の右にあるピンクに光る大画面が、最初の写真中央の画面なので、位置関係は想像できると思います。

こんな感じで、渋谷駅からスクランブル交差点、そして渋谷センター街へ向けてと

人、人、人、そして人 with 仮装モンスターという光景が広がっていました。

 

To be continued